Cooking recipes | レシピ

Friday, August 26, 2016

日本の朝ご飯


いつもの料理を卓上に並べてみました。ちょっとだけカフェっぽくなりました。朝からおしゃれな気分で一日中楽しく過ごせそうです。日本料理は一汁三菜を基本に盛りつければ、センスよく簡単に盛りつける事ができます。


日本人は昔から健康思考だった?
一汁三菜という言葉をきいた事ある人は多いと思いますが、この一汁三菜はなんと平安時代の絵巻物にも描かれている庶民も食べる食事スタイルなんです。この食事法では、ご飯で炭水化物を摂取、汁物で水分を摂取、主菜でタンパク質を摂取、副菜でビタミン・ミネラル、食物繊維を摂取できるように構成されています。日本人は、食事に季節を感じさせたり、目でみて楽しむ事、味を楽しむ事、食感を楽しむ事など、様々な工夫をこらした食事をしますが、更には、栄養バランスをもきちんと考えていたなんて驚きです。だから世界でトップクラスの長寿国になれたのかもしれませんね。

目立つ栄養素・効果、キーワード
高タンパク質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、ビタミンK、スーパーフード、美肌、アンチエイジング

日本の朝ご飯のメニュー
玄米ご飯
汁物:なすびのみそ汁
主菜:焼きシャケ
副菜:ごぼうのマリネ、小松菜の胡麻和え、温泉卵


レシピ


ご飯 :
玄米ご飯とお漬け物・梅干し

材料(お茶碗1杯 120g ~160g  × 5 )
玄米--600cc (200cc × 3カップ)
水-----900cc (200cc × 4.5カップ)
塩-----小さじ1/2 
十穀--適量(入れたい人は入れる)
作り方
玄米を水でさっと洗い、分量の水と塩を(十穀も一緒に入れる)入れて30分放置する。30分たったら、強火で一気に沸騰させる。沸騰したら弱火にして15分炊く(水分がなくなる迄)
水分がなくなったら、蓋をしたまま火からおろし10分蒸らす。
※一回分ずつ、薄く小分けに冷凍保存するととても便利です。

汁物 : なすびの麹味噌汁
材料(1人分、5分)
茄子----適量
水-----150ml
ほんだし---小さじ1/2
みそ---------大さじ1 
作り方
なすを分量の水とほんだしで煮る。火が通ったら、味噌を溶かし入れる。灰汁をすくっておわり。

主菜:焼きしゃけ
グリルかフライパンで焼く。(元々塩漬けしてあるので、そのまま焼く)

副菜:
ごぼうのマリネ

材料 (youtubeの写真の量の5-6皿分)
ごぼう---1本
塩----6g
水----1L
マリネ液----300ml
作り方
Step 1 ごぼうを切る
同じ大きさになるようにきる。
Step 2 ごぼうをゆでる
沸騰したお湯に塩を入れ混ぜる。きちんとまざったら、ごぼうを全部入れゆでる。ゆであがったらざるにあげて水気をきる。
Step 3 マリネ液に漬け込む
水気をきったごぼうを熱いまま、保存容器にいれて、マリネ液を流し込む。(マリネ液も熱いまま) 熱いまま蓋をし、常温になったら冷蔵庫で保存する。1日後から3日間程度がおいしく召し上がれる目安です。

小松菜の胡麻あえ
材料(2人分、5分)
小松菜---5株程度
塩-----------小さじ1/2
お湯--------350ml
おひたし調味料
砂糖-------大さじ1
お湯-------大さじ2〜2杯と1/2
ほんだし-小さじ1
濃口醤油-大さじ1
すりごま-大さじ1
白ごま-----大さじ1
作り方
Step 1 調味料をあわせる
ボウルにおひたし調味料の材料すべてを入れてよくかき混ぜる。
Step 2 小松菜をゆでる
小鍋でお湯を沸かし、塩を入れる。小松の茎を先に入れて、葉をいれ30秒程ゆでる。
Step 3 あえる
ゆでた小松菜を絞って水気をきり、おひたし調味料とあえる。
温かいままでも冷ましてからでもどちらでもおいしく召し上がれます。 

温泉卵 (参考ビデオはラタトゥイユ丼の作り方の一部でみれます)
材料 
常温の卵--1個
お湯
作り方
鍋に水をいれ一度沸騰させ、火からおろす。その沸騰したお湯に卵を入れて9分まつ。

Thursday, August 25, 2016

麺つゆで浸すとっても簡単! 秋なすの揚げ浸し

秋なすの揚げ浸しを作ってみました。茄子は一年中スーパーに並んでいますが、夏の日差しをたくさん浴びて旨味をたくさん生成している7月~9月が一番おいしいと言われています。そして秋なすというの旧暦の秋である8月〜9月に収穫された茄子の事をさします。種類は長茄子、米茄子、水茄子とたくさんありますが、実は世界中で約1000種類ほどあり、地域特有の品種をもつそうです。これには驚きです。1000もあれば区別つかないような気がします。。



頼もしい成分ナスニン
栄養素としては90%程度水分なのであまり栄養はありませんが、ビタミンK, モリブデンを含んでおりカロリーが低いです。特徴としては皮にボリフェノールであるナスニンが含まれています。ナスニンにはは強い抗酸化作用があり、血栓の浄化や発がん物質を除去する力があります。コレステロールを低下してくれたり、動脈硬化に効果的です。血液をさらさらにしてくれるという事は、もちろん美肌やアンチエイジングにも効果的です。だからといって食べ過ぎると体を冷やす作用もあるので、ほどほどに摂取する事をおすすめします。

目立つ栄養素・効果とキーワード
ナスニン、カリウム、ビタミンK、葉酸、モリブデン、アンチエイジング、美肌、疲れ目解消、がん予防

レシピ
クッキングビデオ

作り方
Step 1 出し汁をつくる
鷹の爪と麺つゆを鍋にいれて一度沸騰させ、ひからおろす。
(バットに入れて茄子を浸す準備をしておく。)
Step 2 なすをあげる 
茄子を半分にきって、火が通り易いように切れ目を入れる。 
170°~180°の油で揚げ、だし汁に浸す。
(すぐ火が通るので茄子の色が鮮明になれば油から揚げて大丈夫です。)
浸してすぐ召し上がっても、冷蔵庫で冷やしても両方おいしく召し上がれます。 

調理道具
包丁、まな板、計量カップ、バット、鍋

材料(2人分、5分)
茄子----4本(こぶりなもの)
麺つゆ--200ml (ストレート)
鷹の爪--1本
鷹の爪の千切り--適量

自家製麺つゆ
クッキングビデオ

材料 
水  150ml
ほんだし 小さじ1
昆布だし 小さじ1
みりん 大さじ3
薄口醤油 大さじ2
濃口醤油 大さじ1 
作り方
鍋にすべての調味料を入れて一度沸騰させるだけ




Deep-fried eggplant in broth "Nasu no Agebitashi"

Don't feed autumn eggplant to your wife? 
Do you know "Nasu | 茄子" ?  It is "Eggplant" and called in Japanese. 
Japanese people like to eat fried eggplant with broth. And Japan have proverb regarding eggplant since long time ago "Don't feed autumn eggplant to your wife | 秋茄子は嫁に食わすな"  It have meaning are  "Because they're too delicious" "Because they'll give her the chills"  "Because their lack of seeds will reduce her fertility"  



Eggplant in Japan have beautiful purple color and sharp is long.  The ingredient of eggplants is almost water, but it has "Potassium" and into the peel have "Nasunin".  
"Potassium" work to the lower temperature of the body because it discharge moisture from the body.
"Nasunin" is kind of the purple anthocyanin-based dye. And it work for cleaning blood and effect to decrease cholesterol score in the blood. 

So, don't feed it to your wife too much especially pregnant woman. But share it with your wife a little bit because it is delicious :)

Outstanding nutrition and keyword
Nasunin, Potassium, Folic acid, Vitamin K, Molybdenum, Cancer prevention, Skin beauty, Anti-aging, Eyestrain reduction.


RECIPE
Cooking video

How to Cook
Step 1 Make broth 
Put red pepper and mentsuyu into pot and boil those once. Then transfer to container for prepare soaking. 
Step 2 Deep fry eggplant
Cut eggplant half, and cut a shallow on the half of eggplants for cook it quickly.
Deep fry eggplant in a oil (between 170℃ to 180℃ / 340℉ to 360℉ )   
Soak fried eggplant into broth.   
Serve with toppings. 
You can eat it both of hot and cold. 

Preparing Cooking Utensil
Kitchen knife, cutting board, measuring cup, pot, tray

Ingredients (serve 2p, 5 min)
4----eggplant (10cm : small size)
Around 150ml to 200ml--mentsuyu
1------red pepper
Julienne of red pepper for toppings

Mentsuyu
Cooking video

Cooking ingredients 
150ml----water
1 tsp------hondashi*
1 tsp------kombu dashi powder
3 tbsp----mirin
2 tbsp----usukuchi Soy sauce
1 tbsp----koikuchi Soy sauce
How to Cook
Put all ingredients into pot and boil those once. Then cool it. 

Wednesday, August 17, 2016

Ratatouille - Basic recipe

Today I cooked ratatouille with colorful zucchini, bell pepper and egg plants. Those are yellow, green, red, orange and purple!! And this recipe is very easy and can reduce cooking time because cook tomato sauce first, and marinating fried vegetables with tomato sauce. This cooking style can keep colorful vegetables color and good texture.



Enjoy harvest time of food
Japanese people enjoy harvest time of food. At the summer time in Japan have harvest zucchini, tomato, egg plants and bell pepper etc.. Those vegetable called in Japanese "NATSUYASAI". Meaning of "NATSU" is summer, and meaning of "YASAI" is vegetable. Those vegetable have good nutrition for effective to keep body condition during hot summer season in Japan. So, Japanese people enjoy eat a lot.
Outstanding nutrition and keywords
Vitamin A, Vitamin B, Vitamin C, Vitamin E, β-carotene, Vegan food, Gluten-free, Skin beauty


RECIPE

Cooking Video 


How to Cook
Step 1 Make tomato sauce
Fly onion, garlic and red pepper with olive oil in fly-pan over low heat. Pour white wine and burn off alcohol. Add canned tomatoes and tomato paste, and stir very well. Put bay leaf and remove pot from heat.
Step 2 Fly vegetable
Fly vegetable and garlic with extra olive oil on fly-pan. Transfer to tomato sauce pot when vegetable browned a little. Combine vegetables and tomato sauce into pot, then cook over low heat few min. Adjust taste with salt and pepper before finish cook.
You can eat both of cold and hot. 

Preparing Cooking Utensil
Cutting board, knife, frying pan, wooden spatula, tablespoon

Ingredients ( serve 5p, 30min )
1/2----orange color bell pepper
1/2----red color bell pepper
1/2----yellow color bell pepper
1/2----eggplant
1/2----Zucchini
1/2----yellow color zucchini
Tomato sauce
1/2----onion
100ml--white wine
1------canned tomatoes
1 tbsp--Tomato paste
1------bay leaf
1------red pepper
Garlic and olive oil for fly vegetable
Salt and pepper

ラタトゥイユ

サイドメニューとしても、メインとしても、様々にアレンジができるマルチタレントなお料理「ラタトゥイユ」を作りました。


ラタトゥイユは夏野菜のオンパレード
夏野菜といえばズッキーニ、なす、パプリカ、トマトなどカラフルな野菜がたくさんあります。今回ご紹介するラタトゥイユはそんな夏野菜をふんだんに使った、カラフルでだれでも簡単に作れるレシピです。各野菜の色鮮やかさを残すので、野菜を煮込む事はしません。たっぷり目の油で焦げ目がつく程度焼いて、トマトソースにつける方法です。最初にトマトソースを作るので、失敗する事もすくなく味もしっかりと入り、時短で調理できます。また、ラタトゥイユは温製でも冷製でも食べれてとっても便利です。かつトマトソースの水分を極力少なくする事で、冷凍保存もできるので、多めに作ってこわけにして冷凍保存すると便利です。

ズッキーニにはむくみ解消によい?
ラタトゥイユの主役といえばトマト?いやズッキーニ?このズッキーニは、カリウムが多い事が特徴で、低糖質な為、ダイエット中の方には嬉しい食材です。そしてカリウムは体内から余分な塩分を排出してくれる作用があるので、体のむくみを解消してくれるので、むくみでお悩みの方には嬉しい食材です。

目立つ栄養素・効果やキーワード
ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、ビタミンC、美肌、アンチエイジング、グルテンフリー、ビーガン、むくみ解消

レシピ
クッキングビデオ


作り方
Step 1 トマトソースを作る
フライパンにニンニク、鷹の爪、オリーブオイルを入れてから玉葱を入れる。塩ひとつまみを入れて玉葱をいためる。玉葱に火が通ったら、白ワインをいれてアルコール分をとばす。落ち着いたらトマト水煮とトマトペースとを入れてよくかき混ぜる。ローリエ(月桂樹の葉)をいれて一煮立ちさ火から外す。
Step 2 野菜をいためる
多めのオリーブオイルで野菜をいためる。(強火)焦げ目をつける程度やいたら、トマトソースの中に入れて混ぜ合わせる。塩こしょうで味の調整をしておわり。 召し上がる際はオリーブオイルをかけるとおいしいです。

調理道具
まな板、包丁、フライパン、木べら、大さじ

材料 ( 5人分, 30分)
赤パプリカ----1/2
黄色パプリカ--1/2
オレンジパプリカ-1/2
なすび-------1/2
緑色ズッキーニ--1/2
黄色ズッキーニ--1/2
にんにく---1片
オリーブオイル
トマトソース
玉葱---------1/2
トマト水煮缶---1缶
トマトペースト--大さじ1
白ワイン------100ml
ニンニク------1片
鷹の爪-------1本
ローリエ(月桂樹の葉)
塩・胡椒------適量

Tuesday, August 16, 2016

Edamame is best partner of beer!?

Do you want to enjoy drinking beer, don't you?!
Today, I introduce to you the recipe is super very easy for cooking edamame. And you can enjoy drinking with Edamame !!



What is Edamame?
Edamame is young soy beans. Usually, Japanese people eat the Edamame which boiled with salt for a snack food of drinking. It has good balance of natural sweet and salty taste. Now a day it become popular in north US and Europe because there have boom of Japanese food as healthy food.

Why people eat Edamame as drinking snack food?
Of course, Edamame have rich nutrition as you know. Methionine, Vitamin B1 and Vitamin C nutrition of edamame accelerate decomposition of alcohol in the body when you eat edamame and drinking together. Human body might know about it!?


RECIPE


How to Cook
Step 1 Prepare ingredients
Cut the distal end portion leading to the stalk of edamame. Wash edamame with water. Squeezing soybeans with salt into the bowl.
Step 2 Boil edamame
Put all edamame and salt into pot and boil those with boiled water for 5 min. You can check by eat it.
Dish up
Put those on the dish. You can eat both of hot and cold.
IF you want to cold it, put those on the sieve and cool by wind or cold air. Don't put those into water include ice!! Because it will loss flavor, taste if do it.

Preparing Cooking Utensil
Pot, bowl, kitchen knife or cuisine shears, cutting board

Cooking Ingredients ( Serve 2 people, 10min )
250g---(young) soybeans in the pod
20g----Salt
500ml--Water
( 4% solution of salt )

Additional Information
If you use mineral salt or some unique salt, boiled edamame will change taste by the salt taste.

Friday, August 5, 2016

ビールのベストパートナー!

ビールのつまみといえば「枝豆」が一番に思い浮かぶ人は多いと思います。近年では健康志向と和食ブームの為、北米やヨーロッパでも人気のメニューの一つになっているそうです。なんと検索ランキング「和食ワード」で第2になった事もあるそうで、海外でも枝豆とビールのコンビネーションは人気なんだとか。

今日はおいしい枝豆の作り方のこつをご紹介します。 ただゆでるだけと思っていた人は多いと思いますが、ちゃんと下準備するだけで味や風味がこんなに違うと驚かれるかもしれませんね。 もしミネラル塩や好みの塩等あれば、塩にこだわってみてもいいでしょう。塩で食材の味や風味にも変化がでてくるので楽しいですね。今夜はできたてのおいしい枝豆とビールを楽しんでください。

枝豆とビールのコンビネーションには理由があった!
実はこの枝豆とビールのコンビネーションには驚きの事実があったんです。枝豆は大豆の未成熟期に収穫された豆であり、大豆同様の栄養素を含有します。しかも大豆はスーパーフードの内の一つで、言う事なしの抜群の栄養価です。そのなかでも枝豆はメチオニンを多く含有しており、メチオニンがビタミンB1とビタミンCと一緒に摂取する事で体の中でアルコール分解を促進するのです。昔からの愛されているこのコンビネーションの理由に納得します。

目立つ栄養素・効果、キーワード
ビタミンE、ビタミンK ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、葉酸、ビオチン、モリブデン、カリウム、マグネシウム、イソフラボン、アンチエイジング、美肌・美容、女性ホルモン調整、疲労回復、むくみ解消


レシピ

クッキングビデオ


作り方
Step 1 下準備
枝豆と茎の付け根の部分をカットして水で洗います。そして分量分の塩で塩揉みします。
Step 2 ゆでる
沸騰したお湯の中に塩揉みした枝豆と塩全てをいれ、5分程度煮ます。 ゆであがりがわからない場合は食べてみても大丈夫です。
もりつけ
お皿にもりつけ召し上がる。
温かいままでも冷たくしても食べれます。 冷たくしたい場合は、ゆであがった枝豆をざるの上にあげ、空気や風で冷まします。決して水や氷で冷やさないでください。風味が損なわれます。

調理道具
小鍋、ボウル、包丁もしくわ料理ばさみ、まな板

材料 ( 2人分、 10分 )
枝豆---250g
塩-----20g
水-----500ml (4%食塩水)