Cooking recipes | レシピ

Friday, December 23, 2016

サクサクタルト生地に濃厚なクリームチーズをのせて焼いたベイクドチーズタルト


クリームチーズを使ったスイーツはどんなスイーツでも間違いなくおいしく出来ちゃう嬉しい素材です。今日ご紹介するのはクリームチーズに生クリームや卵黄・卵をふんだんに使用した濃厚なクリームチーズのアパレイユをサクサクタルト生地「パートシュクレ」に流し込み、焼き上げたチーズタルトです。アパレイユは材料を順番に混ぜ合せるだけで簡単に作れるので、前日に仕込んでおいたり、市販のタルト生地を使えばあっという間に作る事が出来ます。


パートシュクレはクッキー生地のようなタルト生地で、サクサクとした軽い食感で壊れ易く、程よい甘さがある生地です。生のフルーツやクリームをたっぷりのせたタルトとしてもベイクドタルトとしても幅広く活躍する事ができる生地です。しかし焼くまではとても扱いくくすぐに破れてしまいまので、サランラップやクッキングシートを使用すると取扱いはとても楽になります。

またクリームチーズや生クリームは美肌に必要なビタミンA、E、K、Bやミネラルも豊富で、更には卵や卵黄等、栄養満点なスイーツです。同時に脂質や糖質も多く含まれるので食べ過ぎないようにしましょう。

目立つ栄養素とキーワード
ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB2,B12、ビタミンD、パントテン酸、ビオチン、カルシウム、セレン、モリブデン

レシピ

クッキングビデオ

アパレイユ
材料 23cmパイ皿 1皿分 50分(タルト生地は別)
クリームチーズ 140g 
三温糖 60g 
全卵 2個
卵黄 1個
生クリーム 180g
コーンスターチ 6g
小麦粉 6g

作り方 
下準備
材料は室温に戻しておく。コーンスターチと小麦粉をふるい合わせておく。
オーブンを170℃に温め始める。
Step 1 アパレイユを作る 
ボウルに材料を上から順番に一つずつ混ぜ合わせていき、最後にこし器でこす。
Step 2 オーブンで焼く
から焼きのタルト生地にアパレイユを流しいれて、170℃のオーブンで30-40
分焼く。(家庭用オーブンレンジなら40分)
焦げ目を漬けたくなければ140℃で50分程度じっくり焼き上げる。

タルト生地

材料
23cmパイ皿 1皿分 (1時間+寝かせ3時間)
バター75g 
粉糖 50g
全卵 25g(1/2)
薄力粉 250g
卵黄/全卵 少々

作り方 
下準備 
材料を室温に戻しておく
Step 1 混ぜ合わせる
バターと粉糖を白っぽくなるまでよく混ぜ合わせる。そこに溶き卵を分離しないように少しずついれて混ぜ合わせる。(香りを漬けたい時にはここでバニラエッセンスや香りのオイルを入れる)最後に小麦を入れてさっくり混ぜ合わせ、まとめて冷蔵庫で寝かせる。最低でも2-3時間寝かせる。(一晩寝かせてもOK)
Step2 生地を型にはめる
生地を綿棒で広げ暑さ5mmくらいがちょうどよいが、取扱いにくい生地なのでできるだけ5mmに近づればOK。パイ皿やタルト型にはめて形を整え、冷蔵庫で1時間程度寝かせる。
Step 3 オーブンで焼く
型にいれたまま上からパラフィン紙を敷き、重しをのせる。そのまま180℃で15-20分程焼き、重しを外しさらに5-10分焼く。ぜんたいに焦げ目がついたら、卵黄/全卵を刷毛で塗って5分程度から焼きをする。 

Saturday, December 10, 2016

実は簡単につくれちゃうかつサンド!

あっとう間に作れて、こんなにおいしく、誰からも好かれる料理「かつサンド」。今回ご紹介するレシピは出来合いのものをつかって、簡単でおいしく食べれるレシピをご紹介します。あの味はこんなに簡単に作れるんだっと驚かれる方も多いと思います。そう、実は簡単だったんです。ボリューム満点で、手で食べれる事もあり、ランチや海水浴やピクニック等、屋外で食べるのにもちょうどいいです。
栄養素については豚肉のビタミンB群、タンパク質、そして食パンの炭水化物がメインです。これにレモンを挟めば、クエン酸も加わり、疲労回復に効果的な一品です。屋外で遊ぶと普段以上に疲れるので、このサンドイッチを食べてもりもりパワ−を取り戻しましょう!


かつサンド発祥は上野にあった!
お箸で切れるやわらかいトンカツをコンセプトとするトンカツの老舗「井泉:いせん」の女将が芸者衆の口が汚れない為に「パンに挟んだカツサンド」を作ったのが始まりだそうです。お箸で切れるほどの柔らかさと日本人女性のお口にあわせた小さめサイズで、はずれなしのおいしさ。1930年販売以来人気は衰える事はないそうです。

目立つ栄養素とキーワード
ビタミンB、ビタミンE、ビタミンK、亜鉛、セリウム、ナイアシン、パントテン酸、日本食

レシピ
クッキングビデオ
作り方
Step 1 ソースを作る
小さなボウルにマスタード、ケチャップ、トンカツソースをいれてよく混ぜる。
Step 2 挟む
食パンにバターとソースをぬる。トンカツを置き、さらにソースをぬる。キャベツをのせて、もう一枚の食パンをかぶせて少し押さえる。
食べ易い大きさに切てお皿にもる。

調理道具
小さいボウル、小さじ、大さじ、包丁、まな板。

材料 ( 1人分、5分)
8枚きり食パン----2枚
ロースとんかつ---1枚
マスタード-------小さじ1/2
ケチャップ-------大さじ1
トンカツソース----大さじ2
千切りキャベツ---適量


Saturday, December 3, 2016

Japanese people love KATSU SANDO - Pork cutlet sandwich

Tasty juicy pork cutlet and sweet sauce! 
There have cooked some dish with tonkatsu. Those are katsudon, katsu curry and katsu sandwich etc.. It use different type of sauce and seasoning. Today, I introduce to you the katsu sandwich. It called "KATSUSANDO" in Japan. This is just put tonkatsu and sweet sauce between slices of bread!! The sauce combine "BULL-DOG SAUCE" which is tonkatsu sauce as the food product already made. So, you can make it super easy and taste is gooooood! You will be crazy on this sandwich! Give it a try!! 


Outstanding nutrition and keyword
Vitamin E, VitaminK, Vitamin B1, B2, B6, B12, Niacin, Pantothenic acid, Selenium, Zinc

RECIPE
Cooking video

How to Cook
Step 1 Make sauce
Mix mustard, ketchup, tonkatsu sauce into small bowl.
Dish up
Put butter on both of bread.
Put sauce, tonkotsu and cabbage between slices of bread as you like.

Preparing Cooking Utensil
Small bowl, teaspoon, tablespoon, knife, cutting board.

Cooking Ingredients ( Serve 1p, 5min)
2 slices----white bread (thin)
1 ----------Tonkatsu
1 tsp-------butter Julienne cabbage as you like Sauce
1/2 tsp-----mustard
1 tbsp------ketchup
2 tbsp------Tonkatsu Sauce (BULL-DOG SAUCE or Kikkopman Authentic Pork Cutlet Sauce)


Friday, December 2, 2016

意外とビタミンB群がたっぷりなとんかつ!


美肌や疲労回復にとっても効果的なメニュー!
豚肉は高タンパク質とビタミンB群を多く含んでおり、得に美肌に効果的なビタミンB2, B6がたっぷり含まれています。ビタミンB6はホルモンバランスを整えてくれる作用もあり、豚肉は女性にとってとっても嬉しい食材です。そしてなんといっても疲労回復に役立つビタミンB1の含有量がトップレベル。豚ヒレに関してはスーパーフードである大豆をも超えてなんと1位!次いで豚ももが2位、そして3位がボンレスハム、4位に大豆がランクインしています。豚ロースはNo.10です。付け加えポン酢に含まれるクエン酸とビタミンBを一緒に摂取すれば相乗効果でさらに疲労回復に作用します。だからといって食べ過ぎはよく有りませんので適度に摂取して下さい。



目立つ栄養素とキーワード
ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1,B2,B6,B12、ナイアシン、パントテン酸、セリウム、亜鉛、疲労回復、美肌

レシピ
クッキングビデオ


作り方
Step 1 豚肉の下準備
豚肉に塩こしょうをふりかけ、片栗粉をまぶす。 
Step 2 パン粉をつける
卵と水を混ぜ合わせ、豚肉を浸し、パン粉をつける。
Step 3 あげる
170度~180度の油でパン粉をつけた豚肉をあげる。 豚肉が軽くなったら火がとおった合図です。
(最初は170°程度であげて仕上がる手前で180°ほどの温度をあげるとさっくりとあがります。)
盛りつけ
お皿に千切りキャベツ、青しそ、大根おろし、トンカツを盛りつける。ポン酢をつけて召し上がる。

調理道具
バット、トング、包丁、まな板、鍋

材料 (2人分、15分)
豚肉(肩ロース)---320g
塩------少々
胡椒----少々
片栗粉--15g
卵------1個
水------20ml
パン粉--適量
千切りキャベツ--適量
しそ-----1枚
大根おろし-----適量
ポン酢---適量
揚げ油(オリーブオイル

備考
よく見かける衣のつけけたですが「片栗粉→卵液→パン粉」の順につけますが、一気にするとお箸や手がべとべとになって扱いにくくなりますので、先に片栗粉を肉にまぶしておりてから「卵液→パン粉」という順番で一気に衣をつけていくとつけ易くなります。
肉はミートソフターをつかって筋きりをしておくとより柔らかくし上がります。