Cooking recipes | レシピ

Thursday, October 27, 2016

甘くてほくほくのかぼちゃがぎっしり詰まったカボチャのキッシュ

今週末はハロウィーンで大盛り上がり!! ハロウィーンで大活躍のかぼちゃをキッシュにしてみました。:)


かぼちゃと生クリームは相性抜群
かぼちゃはお料理やお菓子でも大活躍する食材の一つ。そして栄養素もなかなか優れているのはご存知でしょうか?かぼちゃはビタミンA、C、Eを多く含んでおり、これは美肌にとっても効果的な成分です。かぼちゃに含まれるビタミンは油と一緒に摂取する事でより吸収力をアップします。特にキッシュでは生クリームや卵そしてチーズを混ぜたアパレイユと一緒に焼き上げる為、脂肪分はもとより、良質のタンパク質やビタミンK、ミネラル等他の栄養素も補足する事が出来ます。ただカロリーは高くなるので食べ過ぎには注意が必要です。  

簡単サクサクパイ生地
今回ご紹介するかぼちゃのキッシュは基本的なアパレイユと弱火で炒めた甘いかぼちゃを一緒にパイ生地に詰めて焼きました。パイ生地はさくさくとした食感と適度な塩のしょっぱさがキッシュの生地としてとってもマッチしています。作り方も混ぜるだけでとっても簡単な生地なので、キッシュやパンプキンパイ等のお菓子でも使っていただける使用範囲の広いパイ生地です。


便利な手のひらサイズ
よく目にするのは20cm~23cmの大きさのものですが、このレシピでは15cmのケーキ型を使用しました。この大きさは手のひらサイズで盛りつけ易かったり、少し大きめのオーブンだと一回に2~3個焼く事ができるので、意外と重宝します。そのままの大きさや半分にカットして並べると存在感があり、6~8等分にしてもそこそこの大きさをたもちつつ、二口で食べれそうなサイズです。

目立つ栄養素とキーワード
ビタミンA, ビタミン C, ビタミン E, ビタミン K, 高タンパク質, 脂肪, ミネラル, ハイスコアアミノ酸, ルテイン, カリウム, 食物繊維, 美肌, 眼病予防, アンチエイジング, フレンチ, 基本. 


レシピ

クッキングビデオ

作り方
Step 1 かぼちゃを炒める
フライパンにバター、にんいく、かぼちゃを入れて弱火で炒める。かぼちゃに火が通ったら、にんにくを取り出してバットにあげておく。
Step 2 アパレイユを作る
ボールにアパレイユの材料を上から入れてよくかき混ぜる。
Step 3 パイ生地に流し込んで焼く
パイ生地にかぼちゃを敷き詰めて、アパレイユを流し込む。うえからパルメザンチーズをふりかけオーブンで焼く。180℃ 40分

パルメザンチーズはかけてもかけなくてもお好みでOK. パルメザンチーズ以外にもアパレイユがクリーミでかぼちゃが甘いので、ちょっと塩気のあるチーズを振りかけるとおいしいです。

調理器具
包丁、まな板、木べら、フライパン、バット、泡立て器、レードル、ボウル、15cmケーキ型

材料 (15cmケーキ型×1個分)
フィリング
かぼちゃ---300g
バター-----20g
塩・胡椒---少々
にんにく---一片
パルメザンチーズ--適量
アパレイユ
卵--------13g (約1/4個分)
牛乳------50g
生クリーム-100g
塩・胡椒---少々
ナツメグ---ひとふり


から焼きした練りパイ生地
作り方
小麦粉とバターをすりあわせるように混ぜ合わせます。粉チーズのような状態になったら冷水を少しづつ入れて混ぜ合わせます。
材料 (外径23cmのパイ皿2皿分 / 15cmのケーキ型3つ分)
小麦粉-----380g
無塩バター220g
塩-------------5g
冷水--------50-60cc



No comments:

Post a Comment

More detail at www.mokologue.com
mokologue.com have easy and tasty cooking/sweets recipes include nutrition and trivia.
mokologue.comでは栄養や雑学含め、簡単おいしい料理・お菓子のレシピを紹介しています。