Cooking recipes | レシピ

Friday, December 23, 2016

サクサクタルト生地に濃厚なクリームチーズをのせて焼いたベイクドチーズタルト


クリームチーズを使ったスイーツはどんなスイーツでも間違いなくおいしく出来ちゃう嬉しい素材です。今日ご紹介するのはクリームチーズに生クリームや卵黄・卵をふんだんに使用した濃厚なクリームチーズのアパレイユをサクサクタルト生地「パートシュクレ」に流し込み、焼き上げたチーズタルトです。アパレイユは材料を順番に混ぜ合せるだけで簡単に作れるので、前日に仕込んでおいたり、市販のタルト生地を使えばあっという間に作る事が出来ます。


パートシュクレはクッキー生地のようなタルト生地で、サクサクとした軽い食感で壊れ易く、程よい甘さがある生地です。生のフルーツやクリームをたっぷりのせたタルトとしてもベイクドタルトとしても幅広く活躍する事ができる生地です。しかし焼くまではとても扱いくくすぐに破れてしまいまので、サランラップやクッキングシートを使用すると取扱いはとても楽になります。

またクリームチーズや生クリームは美肌に必要なビタミンA、E、K、Bやミネラルも豊富で、更には卵や卵黄等、栄養満点なスイーツです。同時に脂質や糖質も多く含まれるので食べ過ぎないようにしましょう。

目立つ栄養素とキーワード
ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB2,B12、ビタミンD、パントテン酸、ビオチン、カルシウム、セレン、モリブデン

レシピ

クッキングビデオ

アパレイユ
材料 23cmパイ皿 1皿分 50分(タルト生地は別)
クリームチーズ 140g 
三温糖 60g 
全卵 2個
卵黄 1個
生クリーム 180g
コーンスターチ 6g
小麦粉 6g

作り方 
下準備
材料は室温に戻しておく。コーンスターチと小麦粉をふるい合わせておく。
オーブンを170℃に温め始める。
Step 1 アパレイユを作る 
ボウルに材料を上から順番に一つずつ混ぜ合わせていき、最後にこし器でこす。
Step 2 オーブンで焼く
から焼きのタルト生地にアパレイユを流しいれて、170℃のオーブンで30-40
分焼く。(家庭用オーブンレンジなら40分)
焦げ目を漬けたくなければ140℃で50分程度じっくり焼き上げる。

タルト生地

材料
23cmパイ皿 1皿分 (1時間+寝かせ3時間)
バター75g 
粉糖 50g
全卵 25g(1/2)
薄力粉 250g
卵黄/全卵 少々

作り方 
下準備 
材料を室温に戻しておく
Step 1 混ぜ合わせる
バターと粉糖を白っぽくなるまでよく混ぜ合わせる。そこに溶き卵を分離しないように少しずついれて混ぜ合わせる。(香りを漬けたい時にはここでバニラエッセンスや香りのオイルを入れる)最後に小麦を入れてさっくり混ぜ合わせ、まとめて冷蔵庫で寝かせる。最低でも2-3時間寝かせる。(一晩寝かせてもOK)
Step2 生地を型にはめる
生地を綿棒で広げ暑さ5mmくらいがちょうどよいが、取扱いにくい生地なのでできるだけ5mmに近づればOK。パイ皿やタルト型にはめて形を整え、冷蔵庫で1時間程度寝かせる。
Step 3 オーブンで焼く
型にいれたまま上からパラフィン紙を敷き、重しをのせる。そのまま180℃で15-20分程焼き、重しを外しさらに5-10分焼く。ぜんたいに焦げ目がついたら、卵黄/全卵を刷毛で塗って5分程度から焼きをする。 

No comments:

Post a Comment

More detail at www.mokologue.com
mokologue.com have easy and tasty cooking/sweets recipes include nutrition and trivia.
mokologue.comでは栄養や雑学含め、簡単おいしい料理・お菓子のレシピを紹介しています。