Cooking recipes | レシピ

Wednesday, December 6, 2017

いちご大福 - 意外と簡単に作れる和菓子

苺は甘酸っぱくて華やかなフルーツだと思っていたのですが、実は野菜に分類されるそうです。フルーツ屋の目玉商品的に飾られているだけに驚きです。そんな苺と手作りの粒あんを使用したいちご大福を作ってみました。ご存知のとおり苺の甘酸っぱさと香りは粒あんとの相性抜群。苺にはビタミンCと葉酸が豊富で栄養素からも味からも毎日食べたい食品です。粒あんに含まれる鉄分はビタミンCや葉酸と一緒に摂取することで吸収力がアップします。鉄分不足な私にはぴったりのスイーツ!ふた口で食べれる大きさなのでついつい食べ過ぎてしまいます。


目立つ栄養素とキーワード
苺:ビタミンC、葉酸
粒あん:鉄分、銅、ビタミンK

レシピ

クッキングビデオ
作り方
Step 1 おもちを作る
鍋にもち粉と水を入れてよ〜くかき混ぜる。まざったら、鍋を弱火にかけてかき混ぜながら加熱していく。粘りがでて、ひとまとまりにまとまるようになったら3回に分けてグラニュー糖を入れて混ぜ合せる。生地に照りと透明感がでてきたら完成!バットに片栗粉をひいてその中に餅をいれて上からも片栗を振りかける。常温で人肌の温度まで冷ます。

Step 2 まるめる
ラップをひき、その上に粒あんを平べったくのばし、苺をのせる。ラップでくるむように苺と粒あんを丸く形成する。手の平とお皿に片栗粉をふりかけておき、もちを手にとり手の平程度の大きさに伸ばす。その上に丸めた粒あんと苺をのせ、餅の端をつまむようにして閉じて、さらに形よく丸める。常温でも冷蔵庫で冷やしてもおいしく召し上がれます。 

材料 (8個分)
100g--もち粉
200g--水
100g--グラニュー糖
適量--片栗粉
240g--粒あん
8粒---いちご

手作りの粒あんは市販と比べてとても味も香りもよく素材の味を堪能できます。甘さも調整できますし意外と簡単に作れるので、是非作ってみて下さい。




No comments:

Post a Comment

More detail at www.mokologue.com
mokologue.com have easy and tasty cooking/sweets recipes include nutrition and trivia.
mokologue.comでは栄養や雑学含め、簡単おいしい料理・お菓子のレシピを紹介しています。