Cooking recipes | レシピ

Tuesday, October 4, 2016

グルテンフリーのきのこのドリア - きのことチーズをたっぷり入れました

秋の味覚きのこたっぷり!
きのこといえば秋の味覚としてあがる食品の代表格。そして風味や旨味を多く含んでおり、メインとしても脇役としても活躍する食材です。このレシピではそんなきのこをたっぷりつかったドリアを作りました。きのこダイエットが以前に流行っていたのでご存知の方は多いかと思いますが、きのこには美容やダイエットに嬉しい成分がいっぱいで、食物繊維も多く含んでいるので体内の老廃物や有害物質を絡めて体外に排出してくれる作用もあります。そしてきのこに多く含まれるビタミンDはカルシウムと一緒に摂取する事でカルシウムの吸収を高める働きがあり、相性抜群の組み合わせです。 


グルテンフリーのベシャメルソース/ホワイトソース
ベシャメルソース/ホワイトソースには片栗粉を使いグルテンフリーで仕上げました。小麦粉でつくるより少し甘くさっぱりしていますが、きのこやチーズの旨味成分も混ざり合ってとってもおいしくし上がりました。ベシャメルソース/ホワイトソースに使うバターや牛乳、トッピングのチーズ等の乳製品には良質のアミノ酸をたっぷり含んでおり、発芽玄米のビタミンやミネラルも一緒にとる事ができるので栄養満点です。

玄米より発芽玄米
ドリアのメイン食材の一つであるご飯には、発芽玄米を使用しました。白米より味や風味もあり乳製品の味ともしっかり馴染みます。玄米でもいいのですが、玄米に含まれるフィチン酸は乳製品に含まれるカルシウムや食材に含まれるミネラルの吸収を阻害してしまいます。 その点、発芽玄米にはフィターゼというフィチン酸を分解する酵素が活発に働くのでカルシウムなどのミネラルを体内に吸収する事ができます。

目立つ栄養素と効果、キーワード
ビタミンB,D,カルシウム、カリウム、アンチエイジング、美肌、ダイエット
グルテンフリー、スーパーフード

レシピ

クッキングビデオ

作り方
Step 1 きのこソースを作る
バターとニンニク、鷹の爪をフライパンにいれニンニクの臭いをバターに移す。そこにきのこと塩、コンソメパウダーを入れて中火から強火でさっといためる。火が通ったらベシャメルソースを入れてよくかき混ぜ、牛乳を加えてソースの濃度を調整する。最後にニンニクと鷹の爪を取り除き、塩こしょうで味を整える。
Step 2 仕上げる
お皿にバターライスを入れて、きのこソースをかける。その上からチーズをのせて、オーブンで焼く。すべての具材に火が通っているのでチーズが溶ければ完成です。

調理道具
大さじ、小さじ、木べら、鍋、フライパン、計量カップ

材料 (2人、 30分) 
玄米のバターライス--250g
ベシャメルソース----300ml
チーズ---適量(好きなだけ)
きのこソース
榎茸-----1/2袋
しめじ----1/2袋
舞茸-----1/2袋
ニンニク--1片
鷹の爪---1本
バター---25g
コンソメパウダー--小さじ1
塩------適量
胡椒------適量
牛乳------100ml-150ml

即席バターライス(玄米)

作り方
鍋/フライパンにバターと鷹の爪、ニンニクを入れて臭いをバターに移す。バターがきれいに溶けたら玄米ご飯、塩、白胡椒を入れていためる。もともと火が通っているので、温める程度でいためる。
白米ご飯でもつくり方は同じです。バターを溶かす際に月桂樹の葉を入れて一緒にいためるとハーブの香りをご飯につける事が出来ます。(※ビデオでは玄米、赤米や十穀を一緒に炊いた玄米です)
材料
炊いた発芽玄米-----250g
バター----25g
鷹の爪---1本
ニンニク--1片
塩・白胡椒-適量

ベシャメルソース 
作り方
鍋にバターを入れて溶かす。そこへ片栗粉を入れて火を通す。そこへ牛乳を少し入れてよく混ぜる。これを2-3回繰り返す。
材料
牛乳------300ml
バター----30g
片栗粉---大さじ3

No comments:

Post a Comment

More detail at www.mokologue.com
mokologue.com have easy and tasty cooking/sweets recipes include nutrition and trivia.
mokologue.comでは栄養や雑学含め、簡単おいしい料理・お菓子のレシピを紹介しています。